スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

忍耐力

6月に長男が生まれ、今月で6ヶ月が経ちました。
日々の成長は、目まぐるしく、ウチも成長させられてるなぁ〜と思うことが多々あります。

その中でも、乳児湿疹は特に思いました。(今も継続中)

ウチの中では、もし乳児湿疹やアトピーになっても、ステロイドを使わず治す!っというのは前から決めてたので、その意志は固いつもりでした。

けど、いざなってみると周り、特に実家の家族の反応がキツかった。。。
子供が痒いのがかわいそう。見ていられない。医者には見せたのか?痕が残ったら?感染症は大丈夫なのか、などなど。
虐待だ!変な宗教にハマってるんじゃないのか?的なことまでも。

メッチャ忍耐力を試されてる?

特に最近では「ステロイドは短期的に医師の指導のもと使えば怖くない。治る」とか「保湿しないとアレルギーになる」「早めに湿疹を治すとアトピーにならない」など、世間では言われ出してるので、自然に治ると思ってるウチからしたら、そっちの方が怖くて仕方ない。でも、一番近い家族に分かって貰えないのも辛い。。。

子供の顔が一時的に酷くなろうと、結果綺麗になればいいじゃないか。黙って見ててくれ!と何度言ったことか。
「取り敢えず病院に行け!」「大丈夫や!」の繰り返し。

顔に酷くでるから余計に心配なんやろうな〜。

友人の子供さんが頑張った話に勇気づけられ、でもいつの間にか弱くなる自分がいるので、なんか言われたら直ぐに旦那にグッチって発散させ(笑)
この時はブレない旦那でホント良かったと思いました。

これから正月の実家で旦那も色々言われるやろうけど、2人で乗り切りたいと思います。

親との関わりを見直す時期にきているのか、それを試されてるような事が次々に出てくるので大変ですが、子供の成長は待ってくれないので、今が変わり時かな?と思って頑張ろうと思います。

今年は出産という素晴らしい出来事を体験でき、子育てのスタートダッシュを切ったので、来年は沢山の発見と喜びが詰まった一年にしたいと思います。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
2016-12-27 Tue 12:00 ∧top | under∨

心地いい骨盤時計

9/12(土)

中心塾(女子部)

始まる前に胃の調子が未だ本調子でなかったのを伝えると、

胃が少し腫れてるのと、股関節がずれて・・・と見た状態でだけで
判断しておられたのには驚きました!
先生内臓まで見えてる??

背骨の横、肩甲骨の下ぐらいの位置も硬くなってました。

何を頑張ってたのか、肘をすごい勢いで固めてました。
ほぐしていただくと、なんかがスルリと抜けていく感覚で、つい自分の中だけで笑ってました。
言葉で言い表しにくい感覚でした。

先生が頭の施術をしている時に先生の骨盤を後ろから触らせてもらっていたら、
メッチャ気持ちよくて・・・。

こんなにも触っているだけで、心地よくなれる骨盤ってあるんや。。。と思い中毒になりそうでした。

「心地よくなる骨盤時計」最高!!!!


うつ伏せでの足の調整の仕方

まずは、開いている骨盤を中に収納。(いい位置へ)

引きと攻めを使って足首を持って、指は足で支えながら反らす。

DORAがいい足首をしていたので、よい実験台に(笑)


中心塾(男子部)

てるぼーとペア

椅子に座って、腕の脱力出来る位置を探す。

手の持ち方、高さ、張り。。。。

施術の練習

☆観照塾 (K元さん担当、KMさんとペア)

体操12種

体操の中の花と蕾

手をつぼみにして、この時、中指と人差し指、小指と親指、ひっつけて真ん中で寄せる。

左手つりそう・・・。

労宮に集まるように。手の決め方。

呼吸の入れ方。

お腹に入る、腰に入れる、(この時お腹の圧はそのまま)
鳩尾、鎖骨、大椎、首の後ろ

腰反らさないように!!

骨盤時計
呼吸する時に骨盤が動く事を感じる

吸うときに、腰反らさない!

戻す時に、抜けきらない。

3時9時は、骨盤を右出す、戻す。左出す。戻す
右引く、戻す。左引く戻す。
出来るようになったら、右出す左引く、左出す、右引くを同時に。

今回観照塾が終わった時、腰に羽が生えたように軽かったです。

TONOは、分からない言葉に引っかかって、そこでつまずいてしまいます。
難しい言葉にとらわれず、流していくことを、言葉でなく感じる事を出来るようになるとよい。
とK野先生からアドバイス頂きました。

頭ですぐ考えてしまう癖を直し、
言葉に惑わされず、本質を見れるように、素直に感じる感性を高めていきたい思います。

K野先生、中心塾、観照塾の皆様ありがとうございました。



別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-09-15 Tue 00:03 ∧top | under∨

脱・食べ過ぎ

8/24(月)長堀教室


今回は、TONOの体調がかなり悪かったので、
M岡先生に施術をしていただきました。

日曜日の夜から急に腹痛に襲われ、下すわ、吐くわ・・・。
で不眠の一夜を過ごしました。

お腹痛いから、余計に腹筋縮めてると思っても、全く力が抜けず、
抜いたとたんに激痛に襲われる(ーー゛)。
ツラかった(涙)

M岡先生に足を触られると、すごい浮腫みと冷え。
(その現状にまったく気づかなかった自分・・・ありえへん)
そして、胃の経絡がバンバン。

これは、最近の不摂生が一気に噴き出した感じです。

脈もかなり乱れておりました。腎がスカスカ。

M岡先生に、足首を調節してもらい、なんか少し楽に。

腰、背中とゆるめて頂き

仙骨、背中、お腹を十分に温めてもらい、水晶の玉でコロコロ

いつの間にか、心地よく夢の中へ。

自分では気づかないうちに、冷えをい~ぱい溜めこんでました。

胃が動きにくい(止まってる?)現状はまだまだあるので、
油断せずに冷え取りをしていこうと思います。


体調管理の大切さを実感の回でした。

喉元すぎれば・・・にはならないように、今のうちに食事生活を改善せねば。

M岡先生、施術本当にありがとうございました。
次は復活し参上します。
 
別窓 | 長堀教室 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-09-02 Wed 22:22 ∧top | under∨

ロックが外れました!

中心塾(8/8)

今回は、Dちゃんのテーマの膝からスタート!

膝を緩める場所を自分で確認。

限界まで行き切って、そこからゆっく~り戻していく。
この「ゆっく~り」がミソ。
現状は、音速で駆け抜けている感じで確認作業をしているので、確実に。
すると、「ここ!!この位置」という所が見つかる・・・ハズ。

行き切らないと、ずっと「どこかな??ここかな??」と探して結局みつけられない。

後頭骨。
一枚皮なのを意識して。

施術中、相手につなげたハズの感覚が途中で、「あっ!どっか行った・・・」と思ったら、自分の首が前に落ちていました。

施術の練習。DORAとペアで。

頭をやっている時は手の力が抜けてたのですが、足を掴むと「よっしゃ!」っと指圧がすごかったようです。
無意識なのが一番怖い・・・。

 
観照塾

KMさんとペアで

骨盤の後傾がまだまだとれてないので、まずはそこから見直して頂きました。

すると、恥骨のロックが外れました!!!
すごい!
思っていたより、もっと恥骨側下を動かすイメージ。

寝た状態で膝を立てて。
骨盤を12時をして、真ん中に戻し、薄筋を利かし(背中反らさないように)、仙骨、背骨を床につけるようにして、
背骨一つ一つを感じながら呼吸を上げていく。
鳩尾まで吸い上げて、肩甲骨を寄せ落とし首まで吸い上げる。
(鳩尾と肩甲骨の寄せを同時に行える場所を探す)

立つと、とたんに出来なくなる⇒膝を曲げると、あっ見つかった!

座ってすると、膝が内に入るので注意。

反っていた腰の部分の意識が弱いので、要改善。

腰(恥骨)のロックが外れたことで、かなり自分の動きが分かりやすくなりました。

一緒に脳のロックも外れたみたいにすっきりです。

Kの先生、男子部、女子部、KMさん、中心塾の皆様ありがとうございました。



別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-08-12 Wed 00:16 ∧top | under∨

骨盤基準

長堀教室(7/27)

仙骨を動かす!を目標にしてきたのですが、
どうも腰が痛い。

ので、今回の質問は「やればやるほど腰が痛い・・・なぜ??」からスタート

「そら、腰使ってるから痛いんやで!」とM岡先生からの鶴の一声

あっ!そっか。仙骨使って、腰が痛いんじゃなく、
仙骨使わず腰使ってたから。とは思いつかへんかった・・・(-"-)

なので、今回も骨盤時計から。肚を決める基準作りへ。

12時をする時、「もっと下。もっと降りれる」
と言われるもなかなか、感覚がつかめず・・・。

股関節が開いていたり、お腹膨らませるつもりで縮めてたりで、伸ばす事ができませんでした。
結果12時までたどりつけず。

丹田って思っていたよりずっと下です。

背骨を意識して、指をそらし、膝を曲げて、背中を曲げ、少し頭を上げると背骨の感覚が出て、
腹筋を使わずに、頭を上げる事ができました。
そのまま、ゆっくり下ろして降りていくと

やっと、なんとなくここかな?っていう場所まで降りれました。

そして、「お腹縮めてる!」という明確な意識をもてました。(よし!)

反省⇒お腹を膨らましてるようで腰をそらしてる
   首まで繋がってるか意識してない。
   お腹の圧は抜けきってた。   

肚の基準が曖昧なものを少しずつ、明確にしていく。

いかに今まで腰をそらして腹筋縮めていたかがわかります。

呼吸で手、頭、足を順番に上げる。
しっかりとは上げれないが、雰囲気はつかめた感じ。(腹筋使わずいい感じやで♪)

足は癖が半端ないので、すぐにいらん脳内変換が入ります。

まずは膝の力を抜いて、指そらせて、どこで膝の力が抜けるか検証。

内ももの感覚が皆無なので、なかなかのブレ具合。

その後、M岡先生の持ってる、石と隕石で肚に落としてもらい、再度確認。
あれ??こんなに、すんなりあがっていいん?っていうぐらい
迷いなく上げれました。

素直な体になると脳まで素直☆

肚ですべて、確認する。肚で決める。がようやく少し感じれました。

水の入ったボールで、肚で動かす感覚を掴み
水を感じて、その重さに任せる。ついていく。

頭の練習へ。
ボールの感覚で、頭が少し扱いやすくなってました。
(掴みにいかなくなります)

背骨を意識して、意識を向こうへ。ついていく。

M岡先生ありがとうございました。


別窓 | 長堀教室 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-07-29 Wed 00:02 ∧top | under∨
| 天晴tono日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。