スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

心地いい骨盤時計

9/12(土)

中心塾(女子部)

始まる前に胃の調子が未だ本調子でなかったのを伝えると、

胃が少し腫れてるのと、股関節がずれて・・・と見た状態でだけで
判断しておられたのには驚きました!
先生内臓まで見えてる??

背骨の横、肩甲骨の下ぐらいの位置も硬くなってました。

何を頑張ってたのか、肘をすごい勢いで固めてました。
ほぐしていただくと、なんかがスルリと抜けていく感覚で、つい自分の中だけで笑ってました。
言葉で言い表しにくい感覚でした。

先生が頭の施術をしている時に先生の骨盤を後ろから触らせてもらっていたら、
メッチャ気持ちよくて・・・。

こんなにも触っているだけで、心地よくなれる骨盤ってあるんや。。。と思い中毒になりそうでした。

「心地よくなる骨盤時計」最高!!!!


うつ伏せでの足の調整の仕方

まずは、開いている骨盤を中に収納。(いい位置へ)

引きと攻めを使って足首を持って、指は足で支えながら反らす。

DORAがいい足首をしていたので、よい実験台に(笑)


中心塾(男子部)

てるぼーとペア

椅子に座って、腕の脱力出来る位置を探す。

手の持ち方、高さ、張り。。。。

施術の練習

☆観照塾 (K元さん担当、KMさんとペア)

体操12種

体操の中の花と蕾

手をつぼみにして、この時、中指と人差し指、小指と親指、ひっつけて真ん中で寄せる。

左手つりそう・・・。

労宮に集まるように。手の決め方。

呼吸の入れ方。

お腹に入る、腰に入れる、(この時お腹の圧はそのまま)
鳩尾、鎖骨、大椎、首の後ろ

腰反らさないように!!

骨盤時計
呼吸する時に骨盤が動く事を感じる

吸うときに、腰反らさない!

戻す時に、抜けきらない。

3時9時は、骨盤を右出す、戻す。左出す。戻す
右引く、戻す。左引く戻す。
出来るようになったら、右出す左引く、左出す、右引くを同時に。

今回観照塾が終わった時、腰に羽が生えたように軽かったです。

TONOは、分からない言葉に引っかかって、そこでつまずいてしまいます。
難しい言葉にとらわれず、流していくことを、言葉でなく感じる事を出来るようになるとよい。
とK野先生からアドバイス頂きました。

頭ですぐ考えてしまう癖を直し、
言葉に惑わされず、本質を見れるように、素直に感じる感性を高めていきたい思います。

K野先生、中心塾、観照塾の皆様ありがとうございました。



スポンサーサイト
別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-09-15 Tue 00:03 ∧top | under∨

ロックが外れました!

中心塾(8/8)

今回は、Dちゃんのテーマの膝からスタート!

膝を緩める場所を自分で確認。

限界まで行き切って、そこからゆっく~り戻していく。
この「ゆっく~り」がミソ。
現状は、音速で駆け抜けている感じで確認作業をしているので、確実に。
すると、「ここ!!この位置」という所が見つかる・・・ハズ。

行き切らないと、ずっと「どこかな??ここかな??」と探して結局みつけられない。

後頭骨。
一枚皮なのを意識して。

施術中、相手につなげたハズの感覚が途中で、「あっ!どっか行った・・・」と思ったら、自分の首が前に落ちていました。

施術の練習。DORAとペアで。

頭をやっている時は手の力が抜けてたのですが、足を掴むと「よっしゃ!」っと指圧がすごかったようです。
無意識なのが一番怖い・・・。

 
観照塾

KMさんとペアで

骨盤の後傾がまだまだとれてないので、まずはそこから見直して頂きました。

すると、恥骨のロックが外れました!!!
すごい!
思っていたより、もっと恥骨側下を動かすイメージ。

寝た状態で膝を立てて。
骨盤を12時をして、真ん中に戻し、薄筋を利かし(背中反らさないように)、仙骨、背骨を床につけるようにして、
背骨一つ一つを感じながら呼吸を上げていく。
鳩尾まで吸い上げて、肩甲骨を寄せ落とし首まで吸い上げる。
(鳩尾と肩甲骨の寄せを同時に行える場所を探す)

立つと、とたんに出来なくなる⇒膝を曲げると、あっ見つかった!

座ってすると、膝が内に入るので注意。

反っていた腰の部分の意識が弱いので、要改善。

腰(恥骨)のロックが外れたことで、かなり自分の動きが分かりやすくなりました。

一緒に脳のロックも外れたみたいにすっきりです。

Kの先生、男子部、女子部、KMさん、中心塾の皆様ありがとうございました。



別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-08-12 Wed 00:16 ∧top | under∨

扇子とセンス

☆中心塾(7/11)

まずは扇子の扱いから(/ロ゜)/
旦那様から借りていた扇子、扱い方が雑すぎて先生のSTOP!が入りました(苦笑)
かなりいいものだったらしく・・・知らずに使いかけました。危なかった(ーー゛)。

これからは大切に扱います!

扇子の種類も多様で旦那様に借りた、しなりがあり、しっかり風を感じ取れるもの。
少し固いが、自分では扱いやすく感じるもの。風の当りが軽すぎて、全然分からないもの等々。

初めっからいい物だけを持っていると分かりませんが、色々持つと違いに気づく事が出来ます。
そこでやっと解る!「エエもんはエエもんなんやな」って。
道具の良さ、違いを知るって大事。

固い扇子が分かりやすいのは、自分が硬まっている事も要因の一つでした。

はじめはどの扇子を使っても、風の抵抗や中心を感じられなかったのですが、
K元さんに扇子の中心の感覚を教えてもらい、
先生に背中を調整して頂くと、骨盤からしっかり風を感じて
扇子の動きについていく事ができます。
ほんま、信じられへんくらい見事に扇子の感覚が伝わりました。

「空気は吸うもんや!」と思って生きてきたTONOなので、空気感を読むセンスはいまいち
でしたが、最後に少しはセンスも磨かれてきたかな??とお思いたい。

両手で持って、手のひら下で扇ぐ
両手で持って、手のひら上で扇ぐ
片手で持って
ひらひらひら。
刷毛で塗るような感じで左右に。

手首の位置で肩の力が抜ける場所がある。

手首の位置⇒肩の力抜いて⇒肘の力抜いて⇒手首抜いて⇒落ちる

丹田に集約させる。

羽ばたく。
背骨、肩甲骨を意識して。

☆男子部

今回は人数が少なかったので、先生が施術をして見せてくれました。

その場で足踏みして現状確認
TONOは左腰、右首、右腰、足首でした。
順番に直していくと違うところが、浮き出てきます。


観照塾(7/11)K元さんとペア

スタートは中心塾でした扇子のおさらいから。

中心塾で、感じたより、素直に扇子がもてました。

このイメージを元にスタート!

相対稽古の時、扇子をイメージすると腕の力みがへりました。
相手の向こう側を意識して、扇子でサラリ。

TONOは右肩をつめる癖があります。(肘の力も抜けませんが・・・)

目下、一番の悩みでした。が今回の相対稽古の時にヒント頂きました!

K元さんが、肩の落ちる位置が、腕や肘にではなく丹田やと。

「あっ!!おちた!」

今まで、丹田と腕の力が抜いた先がバラバラだったので丹田に落とす感覚は無かったです。

自分が出来ないので、相手につなげる時の感覚がつかめなかったので、これから色々探って行きたいと思います(^^ゞ

腕の施術⇒入れて、待って、抜ける切る前に入れなおして落とす。

K野先生、K元さん、女子部、男子部、観照塾の皆様、ありがとうございました。
別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-07-12 Sun 23:27 ∧top | under∨

中心の中心

6/13 中心塾 観照塾

今回のテーマは中心を捉えるでお願いしました。

っとその前に、中心が分からなければ捉える事も出来ないので・・・その練習から。

ボール持って中心そのままで動かす練習
両手(指)の対応する位置(場所)
労宮で木製の平べったい円を持つ。
木製の卵型を持つ
形や、材質の異なるものでトライ。そのものの中心がどこかを感じる。

手の位置関係。強さ。

先生が施術してる際、何げなーくボールを触っていると、ガン見することが減ってました。
うすらぼんやりがまだまだ上手く出来ないけど、何かを触っていると、ガン見せず見れました。
この感覚を何もなしで出来たら!
一つ発見です☆。

頭の施術で練習
頭の中心を捉えて、吸って、力抜いて、待ってついていく。
力ですると手を痛めるので、頭は特に要注意!!

呼吸を入れて、補足している間(力を抜いてる間)に、持っていた場所の圧が抜けてしまいます。
特に腕で抜けてます。
ここを一定に保つには、要練習☆
(剣の稽古で抜けてるという感覚がわかってきたので、少し意識できるようになりました。)

◎観照塾では始めDちゃんとペア

「中心を意識する」を全身で体感出来ました。

手首に紐を一回ねじって引っ掛けて、手首を取って、背中合わせ。
紐の張りと中心の意識

以前背中合わせをした時は全く出来なかったのですが、今回初成功!!
今までは、力に任せて「よっこいしょ!」
っとやってたのですが、腰が痛いのもあって下に潜り込めず、
全然持ち上がりませんでした。
あかん理由が、ようやく分かった。

◎次にK元さんとペアで。
まず肩に力が入り過ぎなので、抜ける方法を教えてもらいました。
膝立から、座ると同時に腕を上げる(合わせる)←意外と出来ません!!

技を掛けられた時も、無意識に力が入り、倒れる事に抵抗があるようです。
「ちゃんと持っとくし、そのまま後ろに伸びてくと気持ちいいよ!」と言ってくれるのですが、
なかなか・・・。防御反応が出てしまします。
3回くらいやってもらって、やっと伸び切れました。

振袖使って、視線は向こうに、会陰を感じて(チャクラの色を思い出す)。

背骨を意識して。背骨から行く感じ。

☆肩甲骨は浮いてる骨!くっついてないよぉぉぉ。

相手の背骨と自分の背骨の後ろを意識すると、突っ込むのがマシになりました。

手を抑えられたり、掴まれたりすると、どうしてもまず力で抜こうとしてしまします。
押し返したくなる。
この癖からの脱却が目下目標。
施術する時に特に強く出る癖なので・・・早く治したい。

K野先生、中心塾(女子部、男子部)、観照塾の皆様

ありがとうございました。
別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-06-21 Sun 23:19 ∧top | under∨

中心塾

11/8
★中心塾(女子部)

先生への質問

横寝をすると腰が痛く、寝返りが打てない。
仰向けで腰を浮かせない。。。
でした。

腰を意識しすぎていて、頭までの繋がりをまっると無視してました。
膝の硬さ、腰、右肩甲骨、首の位置。
全てのことが作用して、寝た時に痛みを引き起こしていたようです。腰だけではなかった。
特に、寝た姿勢での首の繋がりを意識してなさすぎ。

○仰向けで、骨盤時計

やっと足と頭が一致して上げることに成功!!初です。(一回きりですが・・・)
それまでは、仙骨が痛くなったり、腰が痛かったり、腹筋を使っていたり・・・。
T宮さんに調節してもらいながら、少しずつ挑戦。

始めは腰、鼠径部、足ばっかり意識をしていたのですが、あっ!きた!と思うと、無意識に頭も浮いてました。
(首まで上げるの無理やから・・・と自分でストップをかけてました。)
首まで繋がると自然と足と頭、両方が浮き、全部が繋がっている感じ。気持ちいい!!と思えました。
腹筋を使ってないので、かなり楽に浮かせている感じで。
足だけ浮かすというよりも、繋がると自然と首まで浮くということがわかりました。
次にやると、出来なくなってたので、先生が「さっきできたからって、追いかけたらあかんでぇ~!」
と。

この感覚を知ると、今までの骨盤時計っぽいものをやってただやっていたダケだとしみじみ思いました。

(隣で、てるぼーは骨盤時計をしながら下へ下へ移動してました。見てて、骨盤が締まる締まる!)

いつも、ここだけ!!みたいな考え方をするので、まだまだ形にこだわっているのだと実感しました。
「ここダケすれば・・・」のダケを考える癖を直したいです。

その日は、仰向けで寝て、寝返りも打たず朝までぐっすり。でも腰も痛くなく起きることができました。

★中心塾(男子部)

ワンワンの姿勢。
手のあたり。労宮虚
修正してもらうと、確かに比べ物にならないくらい、楽~に気持ちよく押せる(揺らせる)のですが、
自分でやると・・・・/(-_-)\

★観照塾

M岡先生とTさんと。

太極棒が本体ではなく、その後ろがご本尊(例え)

重心がまだまだ後ろで、顎が出て前に出がち。

首の位置が決まってない。

自分都合で相手を動かそうとする。我を出す。

相手の力の抜き、脱力(一緒に脱力)

太ももの裏使いかた(擦る感じ?)

後ろに意識がない。

中に染み込ませるように叩いてみる。感覚が呼び覚まされる感じです。


最近ようやく、ちゃんと相手を掴めるようになった気がします。
(前までは、腰が引けて体重がしっかりかかってなかったり、握力だけの自己都合)

初めて合気をする方の体の使い方(相手を掴む時の姿勢)を見てより感じました。


K野先生、女子部の皆様、男子部の皆様、M岡先生、観照塾の皆様、ありがとうございました。
別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2014-11-09 Sun 23:02 ∧top | under∨
| 天晴tono日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。