スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

長堀教室2

長堀教室2

4/22 

tonoには踵が無かった・・・。⇒いや、正確には踵に意識がなかったんです。


今回は、腰のあたり(これはいつもの事なんですが)と背中が妙に痛く、施術中に攣った感じになったのはなぜ??と伝えたことから勉強会がスタートしました。


☆まずはtonoの施術姿勢を見て頂き、問題点が多数判明。

やっぱり一番は姿勢。

☆次に、足裏を使って施術。

で、冒頭の一文が判明。
意識のある範囲が、足の指側から半分くらいまでしかありません。甲側も微妙。

そういえば・・・靴はつま先ばっかり傷が増える。よくつまずく。
基本、靴ずれはするもの!だと思ってました。これも、ちゃんと考えれば歩けてない証拠。以前の天晴会と通ずるものがあります。

そして、自分の足を前後にした立ち姿勢を鏡のように再現して頂きビックリ!!
ちゃんと立ってるつもりが、足をクロスさせるか、おもいっきり外股関節が開いているかどちらかで、まっすぐの姿勢がとれてません。取ろうとするも、全然できません。

なぜなら、意識がないから。無いものは使えない。(当たり前)

でも、意識がないことも分からなかったので、今回の勉強会での大きな収穫です。

人間の体に「ある」からといって「使えてる」とは限らないものなんだなと実感。


後半は、O先生が教えてくれました。

tonoは超攻撃型の性格の為、「待つ」という行動がめちゃくちゃ苦手です。
O先生は筋肉のほぐれる方向を教えてくれるのですが、なかなか感じられず・・・すぐひっぱります。

しっかり「待って感じられる人」になりたいです。

M岡先生、O先生、ありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | 長堀教室 | コメント:0 | トラックバック:0
2013-04-29 Mon 23:51 ∧top | under∨

天晴会35

天晴会35


4/15 今回は、足首ひとつでここまで変わるんだ!!の驚きの回でした。

まずは、
☆シールで膝のくぼみ、足首の真ん中に印をつける。

印をつけて鏡で見ると、自分のゆがみ具合がはっきりわかります。まぁ、ゆがみまくっていること(涙)。。。
全体的には少しずつ改善してるのかな??と現状確認の時に思ってたのですが、甘かった(ーー゛)。

☆座った状態

でも、足首の位置が毎回決まらないので、必ず「この位置」と足首の位置を直してもらってスタートさせるのですが、少し動くと分からなくなります。
しかも、すぐにつま先が外に逃げていきます。これでもか!!というくらいに。自然に。。。外に。。。



それもこれもすべては足首の狂いが原因でした。

確かに、毎回足を回すとゴキゴキ音が鳴るなぁ~とか、不調が当たり前になりすぎて無自覚状態でした。

で、何も考えず回すので基本ひねった状態です。が、それでは意味ないどころか、より悪化させてしまう恐れがあると聞きビックリ!!!

(足首だけでなく、全体に通ずるものがありますが・・・)


なので、そうならない方法や見方を知り、足首を施術するだけで「こんなに変わる!!」が実感できました。


tonoはことごとく点(そこだけ)で考える癖があるので、全体が見られなかったりつなげて考えるのが不得意です。
(この癖も最近気付いた大きな発見☆)
今回の回でより明確になりました。今後は、つなげて考えていけるようになりたいです。


最後に、O先生とてるてるぼーずさんに施術して頂きました。その時、tonoの足首は捻挫してるの??と勘違いするほどかなりの重症具合。

足首が決まると「ちゃんと歩ける」し、重心移動もできました。

(tonoにとって、「歩く」って当たり前の動作が「ちゃんと歩く」は当たり前に出来ない動作!!です。)


自分の体が思っていた以上にボロボロなのだと知りました。
仕込みは、自分の不調個所を認識するところからのスタートになりそうです。

O先生、てるてるぼーずさん、ありがとうございました。

別窓 | 天晴会 | コメント:0 | トラックバック:0
2013-04-22 Mon 09:03 ∧top | under∨

天晴会34

天晴会

4/1(月)
O先生に教えて頂いている、てるてるぼーずさん、tonoの3人で行っている勉強会です。

34回目にして、やっとブログでの更新スタートです。

天晴会に関しては、素晴らしいブログ内容をO先生、てるてるぼーずさんが書いているので、緊張度MAXです。

自分の脳みそも爆発寸前で頑張りました。

では、本題へ。

~内容~

☆立った状態の現状確認

☆寝た状態での確認、呼吸の入り方。

☆太極棒を仰向きでふくらはぎ(膀胱経)に置き呼吸する。少しずつ場所変えて行う。腕へ。

☆横向きでふくらはぎ(胆経)に置き呼吸、腕へ。

tonoは特に膀胱経に痛みを感じました。胆経の時、隣で悲鳴が聞こえます(笑)

☆座って足裏の関節を緩ませる。つながる方向、位置。


☆施術の練習。

最後に、O先生がサンマさん(てるてるぼーずさんの妹さん)に椅子からの立ち上がり方を指導している姿が、初めの頃の自分を見ているみたいでした。

重心移動して椅子から立ちあがれない・・・座れない。座るとすぐに後傾する骨盤。

昔のtonoは、「よっこしょ」と当たり前のように膝に手を置き立ち上がり、「どさっ」っと座ってました。

今でも意識していないと、すぐ手が膝にいきますが・・・意識は大分改善されてます☆。

O先生、てるてるぼーずさん、いつもありがとうございます。


別窓 | 天晴会 | コメント:0 | トラックバック:0
2013-04-07 Sun 09:38 ∧top | under∨
| 天晴tono日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。