スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

中心の中心

6/13 中心塾 観照塾

今回のテーマは中心を捉えるでお願いしました。

っとその前に、中心が分からなければ捉える事も出来ないので・・・その練習から。

ボール持って中心そのままで動かす練習
両手(指)の対応する位置(場所)
労宮で木製の平べったい円を持つ。
木製の卵型を持つ
形や、材質の異なるものでトライ。そのものの中心がどこかを感じる。

手の位置関係。強さ。

先生が施術してる際、何げなーくボールを触っていると、ガン見することが減ってました。
うすらぼんやりがまだまだ上手く出来ないけど、何かを触っていると、ガン見せず見れました。
この感覚を何もなしで出来たら!
一つ発見です☆。

頭の施術で練習
頭の中心を捉えて、吸って、力抜いて、待ってついていく。
力ですると手を痛めるので、頭は特に要注意!!

呼吸を入れて、補足している間(力を抜いてる間)に、持っていた場所の圧が抜けてしまいます。
特に腕で抜けてます。
ここを一定に保つには、要練習☆
(剣の稽古で抜けてるという感覚がわかってきたので、少し意識できるようになりました。)

◎観照塾では始めDちゃんとペア

「中心を意識する」を全身で体感出来ました。

手首に紐を一回ねじって引っ掛けて、手首を取って、背中合わせ。
紐の張りと中心の意識

以前背中合わせをした時は全く出来なかったのですが、今回初成功!!
今までは、力に任せて「よっこいしょ!」
っとやってたのですが、腰が痛いのもあって下に潜り込めず、
全然持ち上がりませんでした。
あかん理由が、ようやく分かった。

◎次にK元さんとペアで。
まず肩に力が入り過ぎなので、抜ける方法を教えてもらいました。
膝立から、座ると同時に腕を上げる(合わせる)←意外と出来ません!!

技を掛けられた時も、無意識に力が入り、倒れる事に抵抗があるようです。
「ちゃんと持っとくし、そのまま後ろに伸びてくと気持ちいいよ!」と言ってくれるのですが、
なかなか・・・。防御反応が出てしまします。
3回くらいやってもらって、やっと伸び切れました。

振袖使って、視線は向こうに、会陰を感じて(チャクラの色を思い出す)。

背骨を意識して。背骨から行く感じ。

☆肩甲骨は浮いてる骨!くっついてないよぉぉぉ。

相手の背骨と自分の背骨の後ろを意識すると、突っ込むのがマシになりました。

手を抑えられたり、掴まれたりすると、どうしてもまず力で抜こうとしてしまします。
押し返したくなる。
この癖からの脱却が目下目標。
施術する時に特に強く出る癖なので・・・早く治したい。

K野先生、中心塾(女子部、男子部)、観照塾の皆様

ありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-06-21 Sun 23:19 ∧top | under∨
| 天晴tono日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。