スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

長堀教室4

6/24 長堀教室4


枕の位置の質問から、寝かたへ。

足が疲れていると足首だけを少し高くして寝てしまいがちです。が、そうすると膝、股関節がロックして反対に動かなく、全体をかためてしまう。

足首の狂い⇒顎関節症を助長にまで至る。

膝に入れると、ロックが解除されゆるんだ状態に。

改めて、施術の時の姿勢の大切さを知りました。

☆揺らす。揺らしかた(縦揺れ、横揺れ、回す)。

まず、足の小指を持って。
揺れ方の違い。方向。
右足と左足のバランスの違い。

揺らす時、ついつい手の力でいこうとして、体をかためやすい。体の力を抜く。

足先から難しければ、膝から揺らす。

ひざ裏にあてる指の位置。揺れる場所。ほぐれる場所を探す。

腰の位置。仙骨を上にむくようにすると楽に施術出来た。


腕(横向きで)

足と同じように揺らす。が腕のほうが軽いけど数倍難しいです(涙)。
一度かためてから、腕から抜いていく。

感覚が分からなかったので、技をかけてもらって、はずしてみる⇒どこからほぐれる(外そうとする)かわかる。

自分がしない動きをとってみる。

今回、年間を通して自分の体調がどうなっているのか、全然興味が無かったことに気付きました。
自分に興味があるようでなかったのか・・・・。
なので、少しずつ自分に興味を持ってあげたいです。

M岡先生、O先生 ありがとうございました。
別窓 | 長堀教室 | コメント:0 | トラックバック:0
2013-06-26 Wed 14:19 ∧top | under∨
<<天晴会40 | 天晴tono日記 | 天晴会39>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| 天晴tono日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。