スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

中心塾

7/14(土)中心塾

K野先生が主催する勉強会です。

いつも仕事とかぶるので、毎回参加が困難なのでがっつり吸収したいとおもいます。



今回は「腑に落ちる」ことがたくさんありました。

まず一番は、丹田の意識。

腹で決める。
⇒腹で決める。きっちりはまるところを腹で決める。まさに腑に落ちるとこ。

☆呼吸は??の素朴な疑問?に⇒腹を決めたまま、呼吸。補足しながら、ここと思ったときに吐き切る

(後日、自分でやってみても腹に力が入るとと呼吸が上がらず、肋骨を上げると腹に力がなくなる。。。ということになりました;涙)

自分の体の延長線上のように考える。

今までの自分は肩、肘をかためる事は自分の体をホースとイメージし、かためた所は踏まれた感じ。すると親指と人差し指にしか力がでない。=手の負担。イメージするとどれだけ自分が無茶な使い方をしていたのか、改めて気づかされます。

薬指を効かすと丹田に力が自然と入る。

自分の体を決める。
⇒今までは手首まで意識していたのでですが、自分の足首まで決める意識してなかった。

ここぞとばかりに先生の体をべたべたとたっぷり触らせてもらえて、本来の体の動きを感じる事ができました。人間ってこんなにもちゃんと動く生き物なんだなぁ・・・と。先生はいとも簡単にしてしまうので、初めは何をどうやっているのか、驚きしか出てこなかったのですが、天晴会をつんで先生の技術や体を見させて頂くと、ただの驚きだけでなく、ちゃんと疑問もわくようになってました。

今更ながら、何かを考え、試し、失敗しないと疑問すらの湧かないものなのだと思いました。

K野先生、ありがとうございました。
別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2013-07-25 Thu 10:23 ∧top | under∨
<<長堀教室 | 天晴tono日記 | 天晴会40>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

∧top | under∨
| 天晴tono日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。