スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
-------- -- --:-- ∧top | under∨

脳内変換

三人会(7/9)

二の腕の振袖の使い方

を知るために、骨盤時計から見直す。

施術前と施術後の感覚の違いを知る。
丹田と腰(ウエスト)に繋がっていて、
丹田と仙骨との繋がりがまったくありません。
しかも、無意識に腰とつなげているなので、これかも??と気づく事も難しい状態でした。
仙骨を動いてないのか・・・。
少しずつ動かしていけるようにまずは、骨盤時計を
仙骨の下にタオルおたたんで置いて、骨盤を揺らすと意識しやすい。

使ってなかったのか、腰が・・・痛い(*_*)

しゃがむ練習
骨盤を意識するも曲がる個所が、
体より先に頭が勝手に修正しようとするので、
膝の折曲がる感覚がまったくわかりません。
膝が内に入る癖があり。

いらん脳内変換してしまい、体の声を素直に聞く事ができません。
いらんところで、素晴らしい能力を発揮します(涙)
「形にとらわれているんやろーな・・・」と思います。

丹田の位置まで呼吸が下りてない。

現状は、お腹(へその上あたりまで)

丹田と腰との位置が一致してない。

まずは、丹田意識から、見直しです。

M岡先生、DORA ありがとうございました。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-07-26 Sun 19:13 ∧top | under∨

クネクネダンス

東雲道場(7/12)

帯の巻き方から教えて頂きました。
何回か教えて頂いてたのですが、なかなか覚えられなくて・・・申し訳ないです(ーー゛)

扇子を使って、力を抜く
中心塾で学んだので扇の扱い方も丁寧に(笑)

両手で手のひらを上に向けて扇ぐ
持ち替えて、手のひらを下に向けて扇ぐ。
手のひら上の時は指が斜め下に向いてる時に力がぬけ、
手のひら下の時は指を上に向けると肩の力が抜けます。

このちょっとした手首の位置で大違い!

落とすのではなく、落ちる。
言葉ってすごい。

中心塾と同じようで、違いました。

頭に手をので手の甲をくっつける。クネクネ
次に肘を内にむけ手のひらは少し重ねる感じになり、クネクネ
体の硬い所が解れていきます。
特に、肘を内に入れると肋骨がしっかり締まって、気持ちいいクネクネ。
自分の固い所を知るいい指標になりました。

S山さんと二人でクネクネしている姿をS川さんが動画で撮って見せてくれました。
S山さんはしっかり動けていると思ってしていたそうですが、動けていないのが、動画で一目瞭然。
「あっ、これいつもの私や!」と心の中で思ってました。
出来ていると思って動いる。だから、「あかん。出来てへん」と認識する事が大事なんやなと気づかされました。

立った姿勢から、脱力してお辞儀、脱力してお辞儀を繰り返し、体を二つ折にしていく。
立つ時は、首は最後に。

内側を触る。まず自分でしっかり触る事でイメージが出来る。実感もでる。

イメージするには、実際触ったり、こうなればいいな・・・の「こうなれば」を思っていないと出来ないので
もっとイメージ力をつける為に色々試さないと!と感じました。

K野先生、東雲道場の皆様、ありがとうございました。
別窓 | 東雲道場 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-07-26 Sun 19:08 ∧top | under∨

扇子とセンス

☆中心塾(7/11)

まずは扇子の扱いから(/ロ゜)/
旦那様から借りていた扇子、扱い方が雑すぎて先生のSTOP!が入りました(苦笑)
かなりいいものだったらしく・・・知らずに使いかけました。危なかった(ーー゛)。

これからは大切に扱います!

扇子の種類も多様で旦那様に借りた、しなりがあり、しっかり風を感じ取れるもの。
少し固いが、自分では扱いやすく感じるもの。風の当りが軽すぎて、全然分からないもの等々。

初めっからいい物だけを持っていると分かりませんが、色々持つと違いに気づく事が出来ます。
そこでやっと解る!「エエもんはエエもんなんやな」って。
道具の良さ、違いを知るって大事。

固い扇子が分かりやすいのは、自分が硬まっている事も要因の一つでした。

はじめはどの扇子を使っても、風の抵抗や中心を感じられなかったのですが、
K元さんに扇子の中心の感覚を教えてもらい、
先生に背中を調整して頂くと、骨盤からしっかり風を感じて
扇子の動きについていく事ができます。
ほんま、信じられへんくらい見事に扇子の感覚が伝わりました。

「空気は吸うもんや!」と思って生きてきたTONOなので、空気感を読むセンスはいまいち
でしたが、最後に少しはセンスも磨かれてきたかな??とお思いたい。

両手で持って、手のひら下で扇ぐ
両手で持って、手のひら上で扇ぐ
片手で持って
ひらひらひら。
刷毛で塗るような感じで左右に。

手首の位置で肩の力が抜ける場所がある。

手首の位置⇒肩の力抜いて⇒肘の力抜いて⇒手首抜いて⇒落ちる

丹田に集約させる。

羽ばたく。
背骨、肩甲骨を意識して。

☆男子部

今回は人数が少なかったので、先生が施術をして見せてくれました。

その場で足踏みして現状確認
TONOは左腰、右首、右腰、足首でした。
順番に直していくと違うところが、浮き出てきます。


観照塾(7/11)K元さんとペア

スタートは中心塾でした扇子のおさらいから。

中心塾で、感じたより、素直に扇子がもてました。

このイメージを元にスタート!

相対稽古の時、扇子をイメージすると腕の力みがへりました。
相手の向こう側を意識して、扇子でサラリ。

TONOは右肩をつめる癖があります。(肘の力も抜けませんが・・・)

目下、一番の悩みでした。が今回の相対稽古の時にヒント頂きました!

K元さんが、肩の落ちる位置が、腕や肘にではなく丹田やと。

「あっ!!おちた!」

今まで、丹田と腕の力が抜いた先がバラバラだったので丹田に落とす感覚は無かったです。

自分が出来ないので、相手につなげる時の感覚がつかめなかったので、これから色々探って行きたいと思います(^^ゞ

腕の施術⇒入れて、待って、抜ける切る前に入れなおして落とす。

K野先生、K元さん、女子部、男子部、観照塾の皆様、ありがとうございました。
別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-07-12 Sun 23:27 ∧top | under∨

中心の中心

6/13 中心塾 観照塾

今回のテーマは中心を捉えるでお願いしました。

っとその前に、中心が分からなければ捉える事も出来ないので・・・その練習から。

ボール持って中心そのままで動かす練習
両手(指)の対応する位置(場所)
労宮で木製の平べったい円を持つ。
木製の卵型を持つ
形や、材質の異なるものでトライ。そのものの中心がどこかを感じる。

手の位置関係。強さ。

先生が施術してる際、何げなーくボールを触っていると、ガン見することが減ってました。
うすらぼんやりがまだまだ上手く出来ないけど、何かを触っていると、ガン見せず見れました。
この感覚を何もなしで出来たら!
一つ発見です☆。

頭の施術で練習
頭の中心を捉えて、吸って、力抜いて、待ってついていく。
力ですると手を痛めるので、頭は特に要注意!!

呼吸を入れて、補足している間(力を抜いてる間)に、持っていた場所の圧が抜けてしまいます。
特に腕で抜けてます。
ここを一定に保つには、要練習☆
(剣の稽古で抜けてるという感覚がわかってきたので、少し意識できるようになりました。)

◎観照塾では始めDちゃんとペア

「中心を意識する」を全身で体感出来ました。

手首に紐を一回ねじって引っ掛けて、手首を取って、背中合わせ。
紐の張りと中心の意識

以前背中合わせをした時は全く出来なかったのですが、今回初成功!!
今までは、力に任せて「よっこいしょ!」
っとやってたのですが、腰が痛いのもあって下に潜り込めず、
全然持ち上がりませんでした。
あかん理由が、ようやく分かった。

◎次にK元さんとペアで。
まず肩に力が入り過ぎなので、抜ける方法を教えてもらいました。
膝立から、座ると同時に腕を上げる(合わせる)←意外と出来ません!!

技を掛けられた時も、無意識に力が入り、倒れる事に抵抗があるようです。
「ちゃんと持っとくし、そのまま後ろに伸びてくと気持ちいいよ!」と言ってくれるのですが、
なかなか・・・。防御反応が出てしまします。
3回くらいやってもらって、やっと伸び切れました。

振袖使って、視線は向こうに、会陰を感じて(チャクラの色を思い出す)。

背骨を意識して。背骨から行く感じ。

☆肩甲骨は浮いてる骨!くっついてないよぉぉぉ。

相手の背骨と自分の背骨の後ろを意識すると、突っ込むのがマシになりました。

手を抑えられたり、掴まれたりすると、どうしてもまず力で抜こうとしてしまします。
押し返したくなる。
この癖からの脱却が目下目標。
施術する時に特に強く出る癖なので・・・早く治したい。

K野先生、中心塾(女子部、男子部)、観照塾の皆様

ありがとうございました。
別窓 | 中心塾 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-06-21 Sun 23:19 ∧top | under∨

今日からこつこつやるぞ!!

長堀教室(5/25)

テーマ:腕の上げ方

脇を見せていく感じ

筋肉を使っていると腕がだるく感じる。
ちゃんと体に沿って呼吸であげると、しっかり伸びるとしんどくない。

★大事なのは、

①呼吸を吸って

②保息

③ずらして、力抜く

④息を吐く

全てはこれ!

でも、現状は指針となる呼吸がうまく吸えない、脱力できないのでちゃんと出来ているかどうかの判断ができない。

吐くと同時に体が弛む。(先に力を抜けない)

伸びも、伸び切れないので、戻りも中途半端。

ついでに、筋肉で伸びようとしているのにも気付かなかったり・・・(涙)
自分では丁寧にしているつもりでも、全然丁寧じゃないし、形にこだわる自分が思った以上に強い。


無形以前のやり方を教えてもらう。

筋肉で伸びているのか、呼吸で伸びているのか・・・。確認しながら

まずはやってみる。
でも形としてはやらない。←感じる身体を作れてないので、これがまだ出来てない。
「やってるつもり」は形だけ。

知識だけで、頭でっかちになりつつある自分を反省。

自己練習をこつこつする。

これがかなり難しい・・・ってか今まで多分してこなかった。
(なので、この辺は旦那を見習いたい。)

頭でっかちにならないために、まずはやってみる。

基準はまだまだ不安定やけど、とりあえず、やってみる。

呼吸を忘れず、出来てないことを確認しながら。

毎日こつこつやること。

まずは、自己完結
(自己観察)
呼吸で、指針がしっかり作れるように!!
脱力できるように!

別窓 | 長堀教室 | コメント:0 | トラックバック:0
2015-05-28 Thu 00:21 ∧top | under∨
BACK | 天晴tono日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。